はてな版  金沢と『三州奇談』  

金沢と『三州奇談』の雑記帳   ki-dan.com

五月

5月

 

5月1日は八十八夜でした。
今年の立春は2月4日、そこから数えて88日目が八十八夜でした。

  音立てて八十八夜の山の水  桂 信子

5月といっても、歳時記では、このあたりはまだ春の部です。

 

ところが、普通に5月というと歳時記では夏の部に入ります。
5月のはじめに、立夏があるからです。
今年の立夏は5月5日で、ここから暦の上では、もう夏となるのです。

 

f:id:yumetagai:20200501154404j:plain

 

5月1日の日経新聞の「春秋」には、二つの句が取り上げられていました。
高浜虚子とその子星野立子の句です。


まずは娘の立子について。

「カエデやケヤキの若葉にすがすがしい風が吹き渡る。風薫る5月である。「五月来ぬ心ひらけし五月来ぬ」(星野立子)。新緑の生命力に癒やされる美しい季節がめぐってきた。心ひらけし、とは陰りのない、真っすぐな言葉だ。晴れ晴れとした気持ちが伝わってくる」。

 

虚子の句です。

春が尽き初夏を迎えるこの時期の句がある。「春惜む命惜むに異らず」。晩年の作だ。父と娘の感性の違いが際立っていて興味深い。出会いと別れを繰り返した春を懐かしんでいると、命のはかなさを感じてしまう。そんな境地か。

 


同じような季節の句ですが、立子の句は夏、虚子の句は春ということになります。
新緑の生命力と春を惜しみ命を惜しむ句と、気分的には両者には大きな隔たりがありますが、季節の微妙な感じがよく出ていると思います。


歳時記で立夏の句をみると、こんな句がありました。

 

  手つかずの空ありて夏立ちにけり  伊藤通明

 

手つかずの空とはなかなかうまい表現で、立夏にはぴったりだと思います。

 

しかし、今年の5月は手つかずで迎えたわけではありません。
大変な課題を抱えたまま夏に入ることになってしまいました。