はてな版  金沢と『三州奇談』  

金沢と『三州奇談』の雑記帳   ki-dan.com

外出

外出

 

図書館が閉館しているので、小さな書店まで出かけた。

 

途中にある飲食店には、たいがい「TAKE OUT」の紙に、いくつかのメニューが書き出してあった。

 

f:id:yumetagai:20200426212845j:plain

f:id:yumetagai:20200426212906j:plain

 

歩いている人の姿は、あまりない。

すぐそばにある近江町市場を覗いてみると、思ったより人が歩いていた。
もっとがらんとして、人影がないのかと想像していたが、いつもの1割程度ほどであった。

 

いつも行っている理容店は、入口のドアをあけ放って営業していたが、ここも人は少なかった。

 

f:id:yumetagai:20200426212948j:plain

 

自己破産を宣言したホテルの前を通ったが、ひっそりしていた。通りにあるホテルのロビーには、どこも人がいなかった。

久しぶりに街を歩いたが、寂しいものであった。

 

f:id:yumetagai:20200426213007j:plain


本屋では、上田和夫訳・『小泉八雲集』(新潮社)と小川洋子『密やかな結晶』であった。『密やかな結晶』は、どこか外国の文学賞の候補になっているらしいので読んでみたいと思っていたものである。

 

f:id:yumetagai:20200426213032j:plain

f:id:yumetagai:20200426213051j:plain

 

まずは『小泉八雲集』から読み始めた。