はてな版  金沢と『三州奇談』  

金沢と『三州奇談』の雑記帳   ki-dan.com

谷本石川県知事の発言

谷本石川県知事の発言

 

きのうからツイッターで、谷本石川県知事がトレンド入りしています。

ご存知の方も多いと思いますが、それはこんなことです。

 

「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京都が週末の外出自粛要請を出す中、石川県の谷本正憲知事は3月27日に都民らに向け「無症状の人は(東京から)お越しいただければ」と県内への観光をアピールした。感染拡大で打撃を受ける県内経済に気配りした格好だが、首都圏との往来に注意を促す地方の自治体が多い中、異例の発言で、県内からは戸惑いの声も上がる」。

Twitterをご覧になれば、さらに詳しくわかります。

 

f:id:yumetagai:20200402080213j:plain

 

ところで、
谷本石川県知事は、在職は現在7期という長期にわたっています。
今回の任期のちょうど半分のところだというので、地元紙・北國新聞、4月1日付朝刊2面に、6段のインタビュー記事が掲載されています。

 

その記事に見逃せないところがありました。
インタビューの最後の部分で、写真のように、志村けんに言及したところです。

 

f:id:yumetagai:20200402080156j:plain


ここを読むと、志村けんは酒やたばこが好きで、抵抗力は低下、一方知事は朝夕食はわが家で規則正しく食べているので抵抗力万全というのです。

 

ここからは、志村けんは不摂生だったので感染した、それに引きかえ自分は品行方正なのでコロナにかからないといっていっているようです。

 

ステレオタイプの発言だといわざるをいません。コロナウイルスはどんなに用心していても、かかるときはかかる、それはいつだかわかりません。
用心するに越したことはありませんが、用心しているから私はかからないと思い込むのはたいそう危険です。

 

インタビュー記事を読んで、今まではうすうす感じていましたが、自分だけはいい人だと思い込んでいるという、この人にはこんな一面があったのだなと認識した次第です。

この部分をよく読み返してみると、何かイヤーな感じです。

 

コロナウイルスには、誰でもかかる、ナメたらあかん、のです。