はてな版  金沢と『三州奇談』  

金沢と『三州奇談』の雑記帳   ki-dan.com

金沢 いなばやのうどん

金沢 いなばやのうどん

 

 

金沢の食事処いなばやに行ってきました。

いなば屋は、町のどこにでもあった食堂です。うどん、そば、丼と、何でもそろっています。

 

f:id:yumetagai:20200320132801j:plain

 

金沢には、このようなうどん屋や町の中華屋が数多くありましたが、時代とともにその大部分は閉店してしまいました。

 

そうしたなかで、いなばやは昔通りの味を伝え、繁盛しています。
私は特に、うどんの出汁が絶品だともっています。柔らかめのうどんに妖あっています。

 

この日は「かやくあんかけうどん」を注文しました。ちょっと寒い日には、あんかけは体があたたまります。

 

f:id:yumetagai:20200320132828j:plain

 

「卵とじあんかけうどん」、とか「いなりとじうどん」といった、ちょっと工夫したメニューもそろっており、どれもおいしくいただけます。

 

金沢でカレーうどんがうまい店としても知られており、時々新聞やタウン誌で紹介されています。

 


いなば屋は、浅野川大橋の下流にある小橋の近くの町のなかにあります。
東京からやってくる文人などには美味しい店として知られていますが、利用するのは、ほとんどが地元の人です。

 

ここから歩いて10分のところに、ひがし茶屋街がありますが、店の場所は旅の人にとっては、わかりにくいと思います。

いなば屋のうどんが食べたくなり、年に数回は足を運んで、いろいろなうどんの食べ比べをしています。
少し冷え込んだこの日も、もちろん大満足でした。

 

帰り道で、こんなものを見つけました。

古くなったカバンを郵便受けとして利用し、玄関わきにかけてありました。

めずらしい風景でした。

 

f:id:yumetagai:20200320132902j:plain